感染症の1つ、毛巣病


   毛巣病とは、殿部の割れ目の最上部分の皮膚が、毛髪で傷ついて起こる感染症。
   毛巣病の毛巣膿瘍は感染箇所の膿の蓄積であり、毛巣嚢胞はその箇所に発生した慢性の排膿性創傷だ。

   毛巣病は毛深く若い白人男性に多いが、女性にもみられる。
   毛巣嚢胞は腫れて痛くなる。
   他の感染症と区別するために、感染部またはその周囲の小さな穴を探す。
   通常、毛巣膿瘍の治療は切除と排膿で、毛巣嚢胞は手術で切除しなくてはいけない。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド