肛門周囲のかゆみの原因と対処方法


  
   肛門の周りのかゆみには、多くの原因がある。
   例えば、乾癬やアトピーなどの皮膚疾患、糖尿病、肝臓病などの内臓疾患、肛門皮膚垂や排膿性瘻などの肛門疾患、ボーエン病などの癌などだ。
   麻酔薬や様々な軟膏、石鹸に含まれる化学物質で接触性皮膚炎などのアレルギー反応も原因となる。
   その他、細菌、真菌、寄生虫などが肛門につくとかゆくなる。
   また、テトラサイクリンなどの抗生物質の副作用でかゆくなることもある。

   香辛料、柑橘類の果物、コーヒー、ビール、コーラ、ビタミンCの錠剤も、排便の際肛門を刺激し、かゆみが生じる。
   大きな外痔核があるなどで排便後に便をきちんと拭き取れていなかったり、肛門部をふきすぎたり、石鹸でゴシゴシこすったりすると、かゆくなることがある。
   パンストや綿以外のきつい下着を着用していると、蒸れて暑い日にはかゆくなる。
   不安など心理上のストレスもかゆみの原因となり、不安があると掻き、掻くことが刺激となって感染症を起こし、この刺激と感染症がさらにかゆみをもたらし、掻くことでさらに不安が募る、という不安の悪循環に陥ることがある。

   排便後、肛門部を脱脂綿や柔らかくなめらかな紙で、温水で濡らして、きれいに拭く。
   コーンスターチや少量のタルクを含有のパウダーを振りかけると、すぐに乾燥し清潔が保たれる。
   ステロイド系のクリームや抗真菌性クリーム、鎮静薬の座薬が用いられることもある。
   かゆみの原因となる食べ物は、症状が改善するまでは避ける。
   衣服はゆったりと余裕のあるものにし、寝具も軽いものにする。
   症状が改善せず癌が考えられるなら、皮膚のサンプルを採取して検査する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド