食道癌の実態


   食道癌で最も一般的なのは、扁平上皮癌と腺癌で、食道粘膜に発症する。
   ただし食道のどの部位にも発生するもので、食道が狭くなったり、食道内に腫瘤ができる、粘膜に扁平な病変(斑)ができる、食道と気管につながる異常な通路、瘻ができるなどの症状が出る。

   アメリカでは食道癌は年間約10万人に3人の割合で発症している。
   扁平上皮癌と腺癌、どちらも女性より男性に多くみられる。
   扁平上皮癌に罹るのは黒人が多く、腺癌に罹るのは白人に多い。
   特に、1970年代から、白人の男性を中心に腺癌にかかる人が急激に増えている。

   煙草と飲酒は食道癌の最大の危険因子で、腺癌よりも扁平上皮癌の発症と密接な関連がある。
   ヒトパピローマウイルス感染症の人、頭頸部癌の既往がある人、また食道の周りの器官の癌で放射線療法を受けていると、食道癌になりやすい傾向がある。

   強酸、食道ウェブ、食道アカラシアなど腐食性物質が原因で食道に障害があると、食道癌になるリスクが高くなる。
   また、強い胃酸が食道に逆流して炎症を繰り返す胃食道逆流で、食道粘膜が長期間刺激を受け続けると、バレット食道という前癌状態を呈する。
   ほとんどの先進国では、バレット食道から食道癌に進行することはあまりないが、他の食道癌よりも発症の増加が速くなっている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド