胃に良性の腫瘍ができた場合


   胃の良性腫瘍は、症状や医学的な問題が起こることはほとんどなく、診断や治療がされないことがある。
   しかし時には出血することがあり、その場合は内視鏡や手術で切除する。

   胃の良性腫瘍の中の胃ポリープは、胃粘膜の一部が異常増殖して隆起し、胃内腔に突き出たもの。
   中には悪性で癌になってしまうものもある。
   なので、ポリープが見つかると、内視鏡で切除する。
   内視鏡から高周波電流を通電、または熱を発生させたり、高エネルギーの光線の照射などで、ポリープを除去する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド