胃がんを学ぶ


   胃癌の約95%は腺癌だ。
   胃の腺癌は、胃粘膜の胃液を出す分泌細胞から発症する。

   アメリカでは、胃の腺癌は年間約10万人に8人の割合で発症し、癌の死亡原因の第7位だ。
   胃癌は貧困層、黒人、50歳以上の人、北方に住む人等に多くみられる傾向がある。
   これらの理由は不明だが、胃の腺癌はアメリカでは減少傾向にある。
   日本、中国、チリ、アイスランドなど発症率の高い国では、早期発見に集団検診が役に立っている。

   胃の腺癌の原因は不明だ。
   胃粘膜が炎症を起こした箇所に発生したりするが、原因は炎症ではなく、腺癌の結果として炎症が起こると考えられている。
   ある種の食べ物、特に薫製の食べ物が胃癌との関連性を疑われている。

   胃の消化性潰瘍が腺癌の原因という考えもあるが、潰瘍のある腺癌患者の多くは、潰瘍の発症前にすでに癌があったといわれている。
   胃潰瘍を起こす細菌、H.ピロリが腺癌の発生に関係している可能性が高い。

   胃のポリープになりやすいので切除すべきだ。
   特にポリープが腺細胞からなっていたり、約2cm以上である場合、ポリープが複数ある場合は、胃の腺癌に移行しやすい傾向がある。

   食べ物も胃癌を発症させる要因と考えられている。
   塩分や炭水化物の取り過ぎ、薫製の食品に多い、硝酸塩という保存料の過剰な摂取、果物と緑黄色野菜の摂取不足などが理由として挙げられている。
   しかし、証拠はまだない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド