めったにない癌、小腸癌


   小腸癌は非常にまれな病気で、アメリカでは1年間で発症するのは10万人に2人未満だ。
   小腸癌の最も多い種類は腺癌で、小腸の粘膜の中の分泌腺組織にできる癌だ。
   小腸にクローン病がある場合は、腺癌を発症する可能性が高くなる。 

   腺癌を発症すると、腸管から出血するので血便が出る。
   また腸管が塞がれると、急激な腹痛、腹部膨張、嘔吐などの症状が出る。

   診察は、内視鏡を口から挿し込み、十二指腸と空腸の一部まで移動させて腫瘍の位置を確認し、生検を行う。
   回腸で腫瘍が発見されることがある。
   この場合は、大腸内視鏡を肛門から挿入して、大腸を通って回腸まで移動させる。
   バリウムX線検査では、小腸全体を描出し腫瘍の輪郭が分かる。
   腫瘍に出血がみられた場合は、小腸の動脈造影検査を行う。
   他にも、放射性物質のテクネシウムを動脈に注射後、X線撮影すると、出血部位を特定できる。
   小腸の腫瘍の確認のために、試験開腹をしなくてはいけない場合もある。

   どのような種類の癌でも、最良の治療は腫瘍を手術で摘出すること。
   手術後に化学療法と放射線療法を行っても、延命効果は期待できない。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド