ポリープとは


   ポリープとは、大腸壁または直腸壁からの組織が増殖して腸管内にいぼ状にできるもので、良性と悪性がある。
   大きさは様々で、大きいほど癌や前癌状態のリスクが高いといわれている。
   ポリープにはきのこのような形の有茎性のものと、全体的に盛り上がった形の無茎性のものがあるが、無茎性ポリープの方が癌になりやすいといわれている。
   腺腫性ポリープは大腸の粘膜内の分泌腺組織から生じるもので、癌になる可能性がある。

   ポリープの中には家族性大腸ポリポーシス、ガードナー症候群、ポイツ‐イェガース症候群という遺伝的要因で発生したものがある。
   家族性大腸ポリポーシスは、100個以上の前癌状態の腺腫が、小児期または思春期にかけて大腸や直腸の色々な所に発生する。
   治療をしないと、40歳までにポリープが大腸または直腸の癌になる。

   ガードナー症候群は、様々な種類の良性腫瘍として皮膚、頭蓋骨、下顎など体のどこにでも発症するが、大腸や直腸に発生する前癌ポリープとして発症することがある。
   ポイツ‐イェガース症候群は若年性ポリープとも呼ばれ、出生前か幼児期に、胃、小腸、大腸、直腸に発生する小さなポリープだ。
   ポイツ‐イェガース症候群で発生するポリープは、腸管の癌になるリスクは低いが、膵臓癌、乳癌、肺癌、卵巣癌、子宮癌を発症するリスクが高いので注意が必要だ。

   ほとんどのポリープは無症状で、あったとしても直腸からの出血ぐらいだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド