ポリープの実態


   大きなポリープはけいれん、腹痛、腸管の閉塞を引き起こす。
   絨毛腺腫のような、指先くらいの大きなポリープは水分と塩分を分泌するので、水のような下痢と、血液中のカリウム濃度が低くなる低カリウム血症の症状が起こる。
   まれに、直腸にできた茎の長いポリープが脱落したり肛門からぶら下がったりする。
   ポイツ‐イェガース症候群では、皮膚や粘膜、特に唇と歯肉に茶色っぽい色素沈着が認められる。

   直腸診でポリープに触れることはできるが、通常はS状結腸鏡検査で発見する。
   これでポリープが見つかると、複数あったり、癌化している可能性があるので、大腸内視鏡でさらに詳しく検査し、同時に生検を行う。

   大腸と直腸にできたポリープは癌化する可能性があるので、全て切除することを勧められる。
   切除したポリープが癌と判明すれば、治療は癌が転移しているかどうかで異なる。
   転移する可能性が低ければ治療の必要はないが、転移のリスクが高く、癌がポリープの茎に侵食している場合は、手術で腸管のポリープのある部位の全て切除し、切った腸管の端と端を再びつなぐ。

   ポリープを切除した後も、1年後に大腸全体と直腸を大腸内視鏡で検査し、さらに定期的に検査を受ける。
   大腸の狭窄によりこのような検査ができない場合は、バリウム注腸X線検査で大腸を診察する。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド