大腸癌について


   大腸癌の多くは、直腸と結腸にある分泌腺組織に発症する腺癌だ。
   まずは、直腸と結腸の粘膜やポリープがボタンのように膨らんでくる。
   癌が進行すると結腸壁や直腸壁、周囲のリンパ節にまで浸透する。
   腸壁、特に直腸壁からの血液は肝臓へ流れるので、肝臓へ転移しやすく、その後すぐにリンパ節にも転移する。
   アメリカ・ヨーロッパ諸国では腸癌は2番目に多い癌で、癌の死亡原因でも第2位になっている。
   大腸癌の発症は40歳以上から多くなり、60~75歳が最も多い。
   アメリカでは年間約10万人中50人の割合で発症している。
   結腸癌の発症は女性に、直腸癌は男性に多い。
   結腸癌あるいは直腸癌患者の約5%には、結腸と直腸に別々に発生した2つ以上の癌がみられる。

   家族に大腸癌患者や大腸ポリープがある人がいると、発症のリスクが高くなる。
   潰瘍性大腸炎やクローン病があると、大腸癌の発症リスクがさらに高いとみられ、このリスクは発病年齢や罹患期間と関連がある。

   食事が高脂肪食で食物繊維不足だと、大腸癌の発症リスクの高い傾向にある。
   特に、空気汚染や水質汚染のひどい地域で生活していると、発癌物質の影響で発症するリスクがさらに高くなる。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド