大腸癌の進行


   大腸癌の進行は遅く、長い間無症状。
   症状は癌の種類やできた箇所、範囲によって異なる。

   症状は、潜血からくる疲れや脱力感くらいだ。
   腫瘍が結腸の左側にあると、早い時期に腸が塞がる可能性がある。
   癌は結腸のこの部位に輪状に生じ、閉塞する前には便秘と下痢が何度も繰り返し起こる。
   けいれん性の激しい腹痛と排便障害が起こるので、すぐに治療を受ける必要がある。
   結腸の右側に癌ができた場合は、癌が末期になるまで閉塞することない。
   腹部の触診で大きなしこりに気付き、癌が発見されることもある。

   ほとんどの結腸癌は出血するが、進行は遅い。
   血液が便についたり混じったりすることが多く、出血が認められないこともある。この場合は便潜血反応の検査をする。
   直腸癌の最初の症状は排便時の出血だ。たとえ痔核や憩室と分っていても、血便が出れば、癌との鑑別診断が必要だ。
   その他、排便時の痛みや残便感といった症状が出る。
   座るときに痛むこともあるが、通常は周囲に癌が転移するまでは痛むことはない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド