肛門周囲にできる癌、肛門癌


   肛門癌は、肛門周囲の皮膚細胞や肛門と直腸の境の肛門管の粘膜に発生する。
   肛門癌のほとんどは扁平上皮癌だ。

   アメリカでは、肛門癌は年間に約10万人に1人の割合で発症している。
   男性より女性の方が2倍多く発症している。肛門癌の原因は不明だ。
   男性では、肛門性交が肛門癌の発症と関係があるとされ、性行為で感染するヒトパピローマウイルス(HPV16型)が肛門癌の原因と疑われている。

   症状は排便の際の出血、痛み、肛門周辺のかゆみなど。
   肛門癌の患者の約25%は無症状で、通常の診察で見つかることがある。

   診断では、まず肛門周辺の皮膚を視診する。
   次に肛門と直腸下部を触診して、肛門の粘膜部と周辺を確認する。
   異常があれば組織サンプルを採取して顕微鏡で調べる。

   治療は、化学療法と放射線療法の併用、あるいは放射線療法と手術、または放射線療法と化学療法と手術、という治療が行われる。
   手術単独では、排便時まで一時的に便を蓄えておく筋肉、肛門括約筋の機能が妨げられ、便失禁の恐れがあるのであまり行われない。
   放射線療法と化学療法の併用、あるいは放射線療法と手術の併用後に5年生存する確率は70%だ。
   治療後、最初の生検で再発が発見されると、さらに広範囲な摘出手術が行われる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド