腸が塞がって起こる様々な弊害


   腸閉塞の疑いがあれば入院する。
   鼻から胃や腸にチューブを入れて、たまった腸液や食べ物を吸引する。
   水分と電解質を静脈内投与して腸内の電解質のバランスを整え、嘔吐や下痢を予防する。

   潰瘍の瘢痕や癒着が原因で腸が閉塞した場合は、以上の治療のみで閉塞が改善する場合がある。
   下部大腸がねじれて障害がある場合は、内視鏡を肛門から挿入したり、バリウムを注入して大腸を膨らませる治療が行われることがあるが、たいていは早期に手術を行う。
   腸の一部を切除せずに治療できるか否かは、閉塞の原因によって決まる。
   癒着の場合は手術で治すこともできるが、再発しやすい傾向がある。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド