腸壁の一時的な麻痺、イレウス


   イレウスとは、腸壁の正常な収縮運動が一時的に停止する状態。
   腸閉塞と同じように、イレウスは腸の内容物の通過を妨げる。
   ただ、機械的腸閉塞症と違い、イレウスで腸が破裂することはまれだ。

   イレウスは腹部の手術後24~72時間経過すると起こる。
   また腹部の感染症や、腸への血管に血栓ができて血流量が減少するアテローム動脈硬化、腸の動脈や静脈の外傷なども原因となる。
   腸以外の病気、例えば腎不全や、低カリウム血症、高カルシウム血症などの血液中の電解質異常によりイレウスが起こることもある。
   その他にも薬や甲状腺機能低下症が原因となることもある。

   症状は腹部膨満、嘔吐、重いの便秘、食欲不振、けいれん性の腹痛など。
   イレウスになると、腸音がほとんどまたは全く聞こえなくなる。
   腹部X線検査では、腸管の膨らみをみることができる。
   時には大腸内視鏡で腸の様子をみることもある。

   イレウスではガスや液体などがたまるので排出する必要がある。
   それには、チューブを肛門から大腸まで入れて腸内の圧力を緩和する。
   さらに、チューブを鼻から胃または小腸まで入れて吸引し、腸内の圧と膨満を緩和する。
   腸の機能が正常に戻るまでは飲食は禁止だ。

   必要な水分や、ナトリウム、塩化物、カリウムなどの電解質は静脈投与で補給する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド