虫垂の炎症と感染症、虫垂炎


   乳児や小児の場合は、痛みは右下腹部より腹部全体に広がる。
   高齢者や妊婦は、それほど痛みは強くなく、圧痛もない。

   虫垂が破裂すると、ひどく痛み高熱が出る。感染症が悪化すると、ショック状態に陥る。

   症状と触診から虫垂炎を疑い、血液検査では感染を示す中等度の白血球数増加がみられる。
   早期では、腹部X線検査、超音波検査、CT検査などの画像検査は必要ない。
   虫垂炎の疑いが強い場合はすぐに試験開腹を行う。

   治療の基本は手術で虫垂の切除すること。
   開腹の結果、虫垂に異常がない場合も15%近くあるが、腹痛の原因特定まで手術が遅れると致死的となることがある。
   化膿した虫垂は、症状が出てから24時間以内に破裂するので、すぐに切除する。

   早期に手術すれば、命にかかわる危険は非常に低くなる。
   通常2~3日で退院でき、回復も早く、完治する。

   虫垂が破裂してしまうと、見通しは非常に悪くなる。
   数十年前は虫垂の破裂によって死に至るケースが多くあったが、現在では、手術と抗生物質によって、虫垂炎による死亡率はほとんど0に近づいている。 ただし、繰り返し手術が必要になったり、回復に時間がかかるケースはある。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド