腹腔と腹膜の感染と炎症、腹膜炎


  虫垂炎、消化性潰瘍の穿孔、憩室炎の疑いがあるなら、即座に試験開腹を行う。
  ただし、急性膵炎、女性の骨盤内臓器の炎症性疾患、突発性腹膜炎が原因と考えらるなら、緊急手術は行わない。

  また、何種類かの抗生物質が一度に投与されることがある。
  チューブを鼻から胃または腸へ入れて、たまっている水やガスを排出する。
  静脈から水分と電解質を投与して、失った分を補給する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド