大腸への血流阻害で大腸壁に傷がつく虚血性大腸炎


   虚血性大腸炎は、血流が絶たれたて起こる大腸の損傷だ。

   虚血性大腸炎は、大腸への動脈血流が急激に、通常は長期にわたって妨げられるために起こる。
   血栓ができると急速に血流を阻害し、脂肪組織が沈着すると、長期間血流が障害される。
   その結果、大腸壁の粘膜や粘膜層が損傷を受ける。

   損傷の程度は血流障害の時間と程度によって違ってくる。
   大腸粘膜が損傷を受けると潰瘍ができる。
   虚血性大腸炎が多く発症する年代は、50歳以上だ。

   症状は腹痛だ。左側が痛むことが多いが、腹部のどこでも痛む可能性はある。
   軟便と一緒に、赤暗色のかたまりが排出されたり、肛門から鮮血のみ出る場合もある。
   また、微熱も出る。

   50歳以上でこれらの症状が出ると虚血性大腸炎の疑いがある。
   腹部を押して徐々に痛みが強くなれば、ますますその可能性が高い。
   大腸内視鏡やバリウム注腸検査を行い、虚血性大腸炎とその他の炎症疾患、例えば感染症や炎症性腸疾患と識別する。

   虚血性大腸炎と診断されたら入院の必要がある。
   まずは絶食をして腸を休め、その間は点滴で水分、電解質、栄養素を補給する。
   炎症による感染症を防ぐため抗生物質を投与する。
   そして、2~3日以内の抗生物質の投与をやめ食事の摂り始める。
   虚血性大腸炎は半数以上が1~2週間で回復する。
   しかし血流障害が重症だったり、長期だった場合は、その部分を手術で切除することもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド