溶血について 


   寿命に達していない赤血球が破壊されることを溶血と言う。
   赤血球の寿命は約120日間で、寿命を過ぎた赤血球は骨髄、脾臓、肝臓にある貪食細胞に捕食され破壊されるが、溶血が発生した場合には、骨髄は新しい赤血球の生産速度を高める。
   しかし、骨髄による赤血球の生産を上回るペースで破壊が進行した場合は溶血性貧血となる。 貧血の症状は進行状態などにより異なる。
   軽度で進行が遅い場合は症状が現れない、もしくは運動した場合のみ症状を現すことがある。
   重度の貧血は安静な状態においても症状が現れる。血管の破裂による出血などによる急速な貧血は、軽度の貧血でも症状が強く現れる。

   軽度の貧血の症状は、疲労や衰弱、顔色が青白くなるなどの変化が見られる。
   重度の貧血では、失神、めまい、咽喉の渇き、発汗、脈拍の変化、速い呼吸などの症状が見られる。また、重度の貧血で脚の血行不全や、肺や心臓に疾患が有る場合は、運動中に脹脛が痙攣したり痛んだり、息切れ、胸痛などの症状が顕著に現れる。

   貧血は、自覚症状に至る前に、血液検査で発見される場合もある。
   ヘモグロビン値と、血液の全体積中に占める赤血球の割合であるヘマトクリット値が低いと貧血と診断され、他の検査により貧血の原因が調査される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド