脾臓が腫れる「脾腫」が及ぼす影響


   脾臓の腫大を脾腫と言うが、脾腫自体は病気ではなく、他の病気が影響して発生する。

   数多くの様々な病気が脾腫の原因となり、原因の究明には、慢性の感染症から血液の癌まで、幅広い病気を念頭に置き調べる必要がある。
   腫大した脾臓は、脾機能亢進症を起こし、大量の血球と血小板を捕え貯蔵する為、血液中の血球と血小板数が減少する。

   脾臓が血球や血小板を捕える量と比例して脾臓は肥大し、脾臓が肥大するとさらに、捕捉される血球と血小板が増える悪循環を発生する。

   最終的には著しく腫大した脾臓により、正常な赤血球まで捕捉され、異常な赤血球と共に破壊されることになる。
   その上、過剰な血球と血小板が脾臓に詰まり、脾臓は機能不全状態となる。

   脾臓の腫大が進行し、供給される血液量で補える範囲を超過すると、血液が行き渡らない部分が損傷を受け、出血や壊死の発生を引き起こす。
   脾腫の症状は乏しく、他の病気の症状と間違う場合が多い。
   腫大した脾臓は、隣り合う胃を圧迫し、少量の食事や何も食べていない場合でも満腹感を与えることになる。
   脾臓の付近に腹痛や背部痛が生じる場合があるが、脾臓の一部に血液が届かず、壊死が発生すると、この痛みが左肩へと拡散する。

   脾腫による大量の血球や血小板の、血液からの除去は、多くの問題を発生させる。
   赤血球が減少すると、貧血が起き、白血球の減少は感染を誘引し、血小板の減少は出血を起こしやすくする。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド