脾臓が破裂した場合の治療


   脾臓破裂は、交通事故、スポーツ事故、打撲などを原因とした、腹部損傷で最も多い重篤な合併症である。
   胃の付近の腹部を強打すると、脾臓が破裂する場合があり、脾臓を覆う被膜や内部組織も裂ける。
   大量の血液が腹腔内に流出する。
   脾臓の外膜は硬い為、血液を一時的に留めることは可能だが、緊急に手術を行い、生命を脅かす可能性のある大出血を防ぐ必要がある。
   脾臓破裂により、腹部に痛みと圧痛が生じるのは、腹腔内に流出した血液が刺激となるからである。
   腹筋は反射的に収縮し、硬くなる。
   血液が徐々に漏れ出る場合は、血流量が減少し血圧低下が起こり、脳や心臓に必要な量の酸素が供給されなくなり、めまい、視力障害、錯乱、意識喪失(失神)などの、低血圧や酸素欠乏による症状で気付く場合もある。
   この場合は、緊急に輸血して血液循環を維持し、手術による止血の必要がある。
   治療を行わなければ、ショック状態となり、死に至る可能性がある。
   腹部X線検査を行い、症状が脾臓破裂以外の原因にあるかを確認する必要がある。
   放射性物質を利用した画像検査により、血流を辿り出血の有無を確認する場合や、腹腔内の体液を吸引し、腹腔内の出血を調査する場合もある。
   脾臓破裂の疑いが濃厚である場合は、緊急手術により致死的な出血を未然に防止する。
   通常は手術で脾臓全摘出するが、破裂が小範囲の場合は、修復が可能な場合もある。

   感染防止の為、脾臓摘出手術前に、肺炎球菌に対する予防接種の実施が推奨される。
   手術後は、インフルエンザワクチンの予防注射を、毎年受けることが推奨される。
   鎌状赤血球症や癌など、生命に関わる感染症を起こすリスクの高い病気を持つ人は、感染を防ぐ抗生物質の投与が推奨される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド