無症候性血尿・タンパク尿症候群の症状


   無症候性血尿やタンパク尿症候群は糸球体の病気である。
   特徴としては、少量のタンパク質と血液が絶え間なく尿に漏れだすことが上げられる。

   何の症状もない人が、景気健康診断などで尿検査を行い、その結果としてタンパク尿や血尿を発見することがある。
   この際、糸球体から漏れ出した血液であれば、尿中に赤血球の凝集塊や異常な形の赤血球が発見できる。
   また、腎生検を行うことで、糸球体に対抗が沈着していることや血液をろ過する細胞がわずかに変化していることを見ることができる。
   しかし、腎生検は、行っても治療可能な病気を発見することはほとんどない為、多くの場合で行われることはない。

   無症候性血尿やタンパク尿症候群は、通常年に1・2回の尿検査と診察を受けることになり、尿検査によりタンパク質や血液の量が極端に増えたり、他の病気を疑うような症状がみられた場合には、くわしい検査が必要になる。
   この症候群は、同じ状態がいつまでも続くことが多く、あまり悪化するということがない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド