尿細管間質性腎炎の症状と治療


   腎臓の尿細管とその周囲の組織に生じる炎症のおとを尿細管間質性腎炎という。
   この尿細管間質性腎炎は、腎臓に起きる様々な病気や薬物、毒素などの障害により引き起こされ、急性型と慢性型との2種類がある。
   尿細管質性腎炎を生じると腎不全に至ることもしばしばある。

   急性尿細管間質腎炎は、ペニシリン、スルホンアミドといった抗生物質や利尿薬、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬などの薬物によるアレルギー反応が原因となり生じることが多い。 また、腎臓の細菌感染が元となり、急性や慢性の尿細管間質性腎炎を発症することもある。

   尿細管間質性腎炎を発症する際の症状といったものは、全く無いかほとんど無いということが多い、時に症状が現れてもその症状は、様々で、徐々に発症することもあれば、突然発症することもある。
   尿細管間質性腎炎が、アレルギーが原因となって発症している場合には、発熱や発疹の症状が見られる。
   突然、尿細管間質性炎を発症した場合には、発熱や排尿時の痛み、尿中の膿、腰やわき腹の痛みといった尿路感染症の際に見られる症状が見られることがあるほか、尿量が普段より減少する症状がみられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド