胆汁について


   胆汁の流れが減少、または停止すると、肝臓の病気の胆汁うっ滞と呼ばれる症状が発生するのである。その特徴的な症状は、黄疸、尿が濃色になる、便が薄色になる、全身のかゆみなどである。
   それらの原因は、ビリルビンが皮膚に沈着して黄疸が生じ、腎臓から排泄された多すぎるビリルビンにより尿が濃色になる。便が薄色になるのは腸内のビリルビンが減少するために発生する。大便に脂肪が多量に含まれる場合があるが、これは食物の脂肪の消化を助ける胆汁が腸内に少ないことが原因で、また腸内に胆汁が不足していると、カルシウムやビタミンDが適切に吸収できない。

   胆汁の生成物が皮膚にたまるとかゆみが生じる。この胆汁うっ滞という症状が長く続くと、これらの栄養素が摂取できないままで骨量の減少を起こすことがあり、必要なビタミンKが腸から吸収しにくくなり、血液凝固できず出血しやすくなるのだ。また、胆汁うっ滞による黄疸が長い期間続くと、皮膚が土気色になり、皮膚に黄色い脂肪の沈着が生じる。

   胆汁の流れが減少、または停止するのは、肝細胞と十二指腸の間のいずれかの部分であり、胆汁自体は、肝臓で生成される消化液である。また、胆汁の流れが滞っていても肝臓はビリルビンの処理を続けているらしい。
   胆汁うっ滞には大きく分けて、肝臓内に原因がある場合と、肝臓以外に原因がある場合があります。以下を参照のこと。

■臓内に原因がある場合の胆汁うっ滞

・肝炎
・アルコール性肝障害
・原発性胆汁性肝硬変(胆管の炎症と瘢痕化)
・薬の影響
・妊娠中のホルモン変化の影響(妊娠に伴う胆汁うっ滞)

■臓以外に原因がある場合の胆汁うっ滞

・胆管内の結石
・胆管狭窄(きょうさく)
・胆管癌
・膵臓癌(すいぞうがん)
・膵炎
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド