胆汁の病について


   肝臓か、肝臓以外のどちらが原因かは症状や診察の結果から判別するのである。

   肝臓に原因があると考えられる場合の症状には、食欲不振、吐き気、嘔吐などがあり、アルコールの摂取量が多かったり、胆汁うっ滞を起こす可能性のある薬を最近使用していたりすると、胆汁うっ滞の原因が肝臓であると考えられる。

   皮膚に小さいくも状の血管が見える、脾臓が腫れて大きくなる、腹腔に体液がたまる腹水という症状が見られたりすることなども、肝臓の慢性疾患の徴候である。
   肝臓以外に原因がある場合の症状としては、右上腹部や、ときには右肩にもみられる断続的な痛み、触診や画像診断で見つかる胆嚢の腫大などがある。

   胆汁うっ滞の重症度はビリルビン値でわかり、それは血液検査である。しかし、原因の特定はできない。という理由で、血液検査の結果で異常な結果が得られた場合には、超音波検査とCT検査のどちらか、または両方を行なわれます。肝臓に原因があれば、肝生検を行うことがあり、これによって診断が確定されるのである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド