ビリルビンについて


   黄疸は皮膚や白眼の部分が黄色くなる症状で、その原因がビリルビンという色素である。過剰なビリルビンが腎臓を通して排泄されるため、尿は濃色になる場合があるそうで注意である。黄疸の原因によっては、かゆみ、便が薄色になるといった他の症状がみられ、たとえば、肝臓の急性の炎症(急性肝炎)では、黄疸とともに食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱がみられることがあるらしいのだ。
   黄疸の原因であるビリルビンは、元はヘモグロビンである。赤血球が古くなったり、損傷したりしたものの多くが脾臓で血流から取り除かれ、その際にヘモグロビンが分解されて緑がかった暗い黄色の色素になり、これがビリルビンだ。ビリルビンは胆汁の成分として、血液によって、肝臓、そして腸の中に排出される。この排出の過程で、ビリルビンが胆汁として排出される速度の停滞で、血液中に、つまり、皮膚にビリルビンが蓄積されて、皮膚が黄色くなるという症状を引き起こす。

  しかし、ビリルビンの値だけでは肝臓の病気であるかの判別できない。それはビリルビン値が高い場合、肝臓の病気による場合と、肝臓以外の病気が原因である場合があるからで、たとえば、肝臓に炎症や線維化などの損傷があると、胆汁の中のビリルビンの排出が阻害され、また肝臓から小腸へと胆汁が流れる胆管が胆石や癌などでふさがっていると、ビリルビンの値が高くなる。

  赤血球が過剰に破壊され、肝臓の処理能力を超える大量のビリルビンが生成される場合もあり、これは新生児の黄疸で多くみられる原因だそうだ。子供がいるお母さんは気をつけるべきである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド