CT検査(コンピューター断層撮影検査)を学ぶ


   CT検査(コンピューター断層撮影検査)は脂肪肝(肝臓に脂肪がたまった状態)、膿瘍(のうよう:膿のかたまり)、鉄の過剰沈着による肝臓の組織の異常(ヘモクロマトーシス)などの鮮明なX線画像を見ることが可能である。

   この検査は、多数の情報の収集が可能であるが、人体に影響があるX線使用して、高価であるので、頻繁には行われない。

   MRI検査(磁気共鳴画像検査)はX線を使わずにすむが、高価で、時間もかかる。

   MRCP(磁気共鳴胆道膵管造影)検査とはMRI検査での胆管の画像診断のことである。

   MRCP検査は鮮明な画像が得られるため、造影剤を使う必要がなく、人体への影響がない。

   肝動脈造影検査は、肝動脈とその先の血管の様子をX線で画像化する。

   造影剤を肝動脈に注入し、肝動脈とその先の血管の様子をX線で画像化する。

   肝動脈造影検査は肝臓癌の診断と治療に有用である。

   この検査は、肝臓癌の診断と治療に有効である。

   ERCP検査(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)は、内視鏡を通じて細い管を胆管に入れ、ここから胆管に造影剤を注入して、胆管と膵管や枝分かれした部分のX線画像を撮影する。

   この検査を受けた人は膵炎が副作用として起こる場合がある(数%)。

   TC検査(経皮経肝胆管造影検査)は、肝臓内にある胆管のいずれかに造影剤を注入する(皮膚の外から肝臓に長い針を直接刺す)。

   超音波の画像で確認しながら針を刺していく。胆道の様子、特に胆管の閉塞がX線画像にはっきりと写しだされる。

   術中胆管造影検査は胆嚢手術の時に、胆管に造影剤を直接注入する。胆管の鮮明な画像をX線撮影で見ることができる。

   腹部単純X線検査は、胆石が見つかることがあるが、カルシウムを含まない胆石は画像に映らない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド