腎臓に影響を及ぼす血管障害のいろいろ


   腎臓は、腎臓に流れてくる血液を阻害されることで、十分にその機能を果たすことができない。
   また、血流が減少したり、さえぎられたりすることで損傷を受けることもある。
   腎臓が損傷を受けると、機能不全や血圧上昇といったことがおきる。
   腎臓に血液を供給している動脈が完全につまるなどして血流をさえぎることになると腎臓全体か血管から血液の供給を受けている部位に懐死が起きてしまう。
   懐死を起こすと腎梗塞を起こし、腎不全になることもある。

   腎臓の血管障害の原因としては、腎動脈、腎静脈の閉塞・血管の炎症・腎臓、血管の外傷などが上げられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド