腎動脈の閉塞の原因と治療


   腎動脈の閉塞は、腎動脈やその太い分枝で起きることは、あまり無く、多くの場合、体内の別の部位で起きた血栓が流れてきて腎動脈でつまることで起きる。
   腎動脈の閉塞の原因となる血栓の多くは、心臓でできた大きな血栓のかけらや大動脈で形成された脂肪性沈着物の断片によるものである。

   腎動脈の中で血栓ができる場合は、損傷を受けた部分で発生することが多く、突然の損傷は、外科手術や血管造影、け管形成などの医療行為によるものになる。
   徐々に損傷を受け腎動脈の部位に血栓ができる場合は、アテムローム動脈硬化、動脈炎、動脈瘤などにより生じることもある。

   腎動脈は、血栓がなくても腎動脈が狭くなることで部分的な閉塞が生じることがあり、このような状態を腎動脈狭窄と呼んでいる。 腎動脈査狭窄は、大動脈や腎動脈の内層が避けて血流を突然さえぎることや腎動脈の破裂、脂肪性物質の沈着や線維性物質の形成が原因となって起きる動脈壁の肥大と硬化で血管が裂けやすくなるといった病気により腎動脈が狭くなり起きる。

   部分的な閉鎖が腎動脈で起きても症状がでないことがほとんどである。
   閉塞の状態が進行するに従い腰や下腹部に疼くような痛みを常に感じるようになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド