アテローム塞栓性腎疾患の症状と治療


   アテローム塞栓性腎疾患は、通常、左右の腎臓の両方に同時に起きる。
   大動脈の血管壁に付着している硬い脂肪性物質から、アテローム塞栓と呼ばれる微小の破片が剥がれ腎動脈の最も細い分岐をふさいで血流をふさぎ、血液の供給を妨げ、腎臓が機能出来なくなる障害がアテローム塞栓性腎疾患である。

   アテローム塞栓性腎疾患は、特に高齢者に多く見られる。
   重度のアテローム動脈硬化が大動脈にあると、自然に脂肪性物質が剥離することになる。
   他にも、手術や血管形成の合併症で起きるたり、血管造影検査などにより大動脈の壁に付着していた脂肪性物質の小片が剥がれてしまうこともある。

   アテローム塞栓性腎疾患の原因が大動脈関連の手術や血管造影といった場合には、突然、腎臓は機能をはたさなくなるが、ほとんどの場合は、腎臓の機能不全はゆっくりと進行していき、症状は、機能不全がかなり進行した後に現れる。
   疲労感や吐き気、食欲不振、かゆみ、集中力低下といった症状があらわれるのは、腎不全が長い間続き、重症化してからである。
   しかし、こういった症状は、筋肉、脳、神経、心臓、消化器、皮膚などに腎不全が原因の障害が起きている為に生じるものである。

   アテローム塞栓は他の器官にも症状を生じることがあり、皮膚が紫色のまだら模様に変色するのは、腕、足、足の指にまで、アテローム塞栓が流れていったために生じる症状である。
   この様な場合には、壊疽を起こすこともあり、眼にアテローム塞栓が入ってしまうと突然失明することもある。

   アテローム塞栓性腎疾患は、体がいかに早い段階で脂肪性物質が剥がれ落ちるのを防ぐよう反応するかによりその後の経過は違ってくる。
   体が早く反応すればするほどその損傷は、少なくて済むが、反応が遅く、アテローム塞栓が剥がれ落ち続けると損傷は体の様々な部位で起き、時には、死に至ることもある。
   また、脳に塞栓が入ってしまうと軽度ではあるが脳卒中を引き起こすことになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド