腎皮質壊死の症状と治療


   腎臓の外側に血液を供給している細動脈が塞がることで起きる組織の壊死が腎皮質壊死である。
   腎皮質壊死を起こすと急性腎不全をも引き起こすことになる。
   腎皮質壊死は、どの年齢でおきてもおかしくはないが、患者の10%程は、乳児と小児に起きている。

   乳児の中でも出産が胎盤早期剥離の難産であった場合がその半数近くに上り、その次の多い原因として血液の細菌感染である細菌性敗血症となっている。

   小児に起きる場合には、感染症、脱水症状、ショック、溶血性尿毒症症候群を発症した後に起きる事が多い。

   成人に腎皮質壊死が起きる原因としては、その1/3程度が細菌性敗血症となっている。
   しかし、女性の場合には、胎盤の早期剥離、位置異常、子宮での出血、出産直後の感染症、羊水の動脈閉塞、子宮内の胎児死亡、妊娠中毒症といった病気の合併症の後に起きるのが半数以上を占めている。

   人皮質壊死が成人に起きる場合は、人移植の拒絶反応、やけど、膵炎、外傷、へびの噛み傷、特定の化学物質による中毒といったものが上げられる。

   人皮質壊死では、血液が尿に混ざり、尿の色が暗褐色や赤色に変化することが多く見られる。
   また、多くの場合で、腰のまわりでの痛みを訴え、発熱、血圧の変動といった症状が現れる。
   血圧の変動は、軽い高血圧になったり低血圧になったりする。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド