悪性腎硬化症の症状と治療


   悪性腎硬化症は、男性の40代・50代、女性の30代に多く見られ、高血圧の患者の1%程度に見られる。
   また、白人よりも黒人に多く見られる。

   悪性腎硬化症を起こすと重度の高血圧症により腎臓の最も細い動脈が損なわれることになり腎不全が急速に悪化することになる。

   悪性高血圧症は、高血圧を十分にコントロールすることができないことが原因となることが多い。
   悪性高血圧症は、糸球体腎炎、慢性腎不全、腎動脈の狭窄、腎臓血管の炎症といったことが原因となることもある。
   他にも、まれではあるが、褐色細胞腫、原発性アルドステロン症、クッシング症候群といった内分泌障害が原因となることもある。

   悪性高血圧症は、まず落ち着きがなくなる、視力障害、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気、錯乱といった脳組織の腫れが原因で生じる症状などのように重度の高血圧が脳や心臓に及ぼす影響により起きる症状が現れる。
   また、脳内出血や浮腫の悪化を起こすと、てんかん発作や昏睡などを起こすこともある。
   心臓の肥大や心不全を生じることもあり、眼底検査を行うと、出血部位、体液の滲出、視神経の腫れなどもわかる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド