腎静脈血栓症の症状と治療


   腎臓から血液を運び出している腎静脈が閉塞してしまう状態を腎静脈血栓症と呼ぶ。
   腎静脈血栓症が成人に起きるのは、通常、大量のタンパク質が尿の中に漏れ出すネフローゼ症候群を引き起こす原因となる他の人疾患が生じるのに伴って起きる。
   また、腎静脈や腎静脈が流れ込んでいる下大静脈が癌や腫瘍により圧迫され生じることもある。
   他にも経口避妊薬の使用、外傷などが原因となることもある。
   まれではあるが、遊走性血栓静脈炎と呼ばれる全身の様々な静脈で次々に血栓ができる病気が原因となることもある。

   通常、徐々に進行し慢性化するのが腎静脈閉塞であるが、突然発生する急性のものもある。
   腎静脈血栓症の経過は、発症が慢性か急性かにより違いが生じてくる。

   通常、成人に起きる人腎静脈閉塞は、徐々に進行するため、症状を伴うことがなく、病気であることに気が付かないままに進行してしまうことになる。
   しかし、場合によっては、腎静脈の血管壁にできた血栓壁にできた血栓の一部が剥がれ落ち、肺に流れる肺塞栓症を起こし人静脈血栓症を発見することがある。
   肺塞栓症は、突然の胸痛の症状があり、呼吸をすることで痛みが強くなったり、息切れを起こすこともある。
   場合によっては、尿の産生量の低下を起こす場合もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド