腎臓の機能と尿細管障害・嚢胞性腎疾患


   腎臓の機能は、糸球体の毛細血管を血液が流れてろ過する過程から始まっている。
   血液をろ過し、きれいにすることが主たる機能であるが、他にも血液中の水分や電解質、栄養素といったもののバランス調整を行っている。
   糸球体で行われるろ過により大量の水分や電解質といった物質を尿細管に運び、尿細管の内壁の細胞により体に必要な水分、ナトリウム・カリウム・カルシウムといった電解質、ブドウ糖・アミノ産といった栄養素を再吸収し血液に戻す働きをしている。
   このような働きをしている細胞は、尿の元となるろ過液が尿細管を通過する過程で血液中にある老廃物や薬物を取り除きろ過液の中に排出する働きもおこなっている。

   尿細管障害は、尿細管の内壁の細胞の機能を妨げる病気のことである。
   腎臓に液体の溜まった袋である嚢胞が形成され強く尿細管を圧迫し、尿細管細胞の機能が妨げられる状体を嚢胞性腎疾患と呼んでいる。
   腎臓の尿細管障害と嚢胞性疾患を多くが遺伝性でこの病気は、出生時に発見されることもあるが、その影響が現れるのが何年も経過してからということもある。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド