尿細管性アシドーシスの症状と治療


   食事の代謝過程で生成された酸は、血液に入り循環することになり、この酸を血液から取り除き尿の中に排出する働きをおこなっているのだ腎臓になる。 腎臓でもこの働きを主に行っているのが尿細管になる。
   しかし、尿細管性アシドーシスを起こすと尿細管が十分に機能することができなくなり、血液に入った酸を排出することができなくなる。

   尿細管性アシドーシスは、代謝性アシドーシスの原因の1つとなっており、この場合には、腎臓の酸を排出する機能の一部が損なわれることになり、血液中の酸濃度の上昇、電解質のバランスの崩れが起きる。
   尿細管性アシドーシスを起こすと、脱水、血液中のカリウム濃度の上昇・低下、腎臓のカルシウム沈着、骨の痛みと軟化と湾曲といった異常を起こす。

   尿細管性アシドーシスの原因は、遺伝性によることが多いが、アセタゾラミドやアムホテリシンBなどの薬物、特定の金属での中毒、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群といった自己免疫疾患が原因となるっことがある。

   尿細管性アシドーシスの症状は、1型、2型、4型と3種類あるタイプにより違いがある。
   1型、2型の場合では、血液中のカリウム濃度が低くなり、神経系の異常による筋力低下、反射低下、麻痺といった症状が現れる。
   4型は、よく見られるのがカリウム濃度の上昇である。
   しかし、この上昇は、症状が現れる程の上昇ではなく、まれに異常に濃度が高くなると不整脈や筋麻痺を起こすことになる。
   また、1型の場合には、腎臓結石を生じることもあり、腎臓の細胞が損傷を受けて、時として慢性腎不全になることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド