腎性糖尿の症状について


   通常、ブドウ糖は、血液からろ過され全て再吸収され血液中に戻るようになっているが、腎性糖尿では、尿にブドウ糖が検出される。
   しかし、血液中のブドウ糖の濃度は、正常であるかそれ以下の数値を示している。
   通常、尿にブドウ糖が検出される場合、血液中のブドウ糖濃度が非常に高い値を示している場合である。
   腎性糖尿は、尿細管に異常がありブドウ糖の再吸収を行う機能が低下してしまう為に尿にぶどう糖が尿に排出されることになる。
   腎性糖尿の原因は、遺伝性の場合も考えられる。

   腎性糖尿は、尿検査を行うとブドウ糖が検出され、血糖値はごく正常なことで分かるが、特にこれといった症状はなく、腎性糖尿による影響も重大となることもない。
   中には、この腎性糖尿が糖尿病の初期の徴候ということもあるが、特に治療の必要もない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド