腎性尿崩症の症状と治療


   尿崩症は、大量に尿が排出される病気で、糖尿病とその点では、似ているがその他の点では違ってくる。
   この尿崩症には、2つのタイプがあり、一般的なタイプが、下垂体で抗利尿ホルモンが分泌できなくなる中枢尿崩症である。
   もうひとつのタイプが腎臓が抗利尿ホルモンに反応せず多量の薄い尿を排出し続ける腎性尿崩症である。

   通常、腎臓は、下垂体により分泌されるホルモンの抗利尿ホルモンの濃度に合わせて尿の濃度を調整している。
   腎性尿崩症では、腎臓がこの信号に反応することができなくなる。

   腎性尿崩症の原因は、遺伝性による場合があり、この場合には、原因となる遺伝子は、X染色体上に存在する劣性遺伝子によるものにある。
   このため、この腎性尿崩症は、男性に限らた病気となるが、女性がこの遺伝子を持っているとその女性の息子に遺伝することになる。
   遺伝性の原因の他にも、リチウムといった抗利尿ホルモンの働きを阻害する薬が原因となる場合や、血液中のカルシウム濃度が高いか低い場合が考えらる。
   このような原因の場合には、部分的に抗利尿ホルモンの作用が阻害されることになる。
   腎性尿崩症になるとのどの渇きがひどく、多量の水を摂取するようになる。
   遺伝性の腎性尿崩症では、生後すぐに症状が現れ、喉の渇きを伝えることのできない乳児は、脱水症状をおこすことがある。
   また、高熱やそれに伴う嘔吐、発作などが現れる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド