バーター症候群の症状と治療


   バーター症候群は、通常、遺伝性でおきる電解異常が起きる病気である。
   電解異常は、腎臓がカリウム、ナトリウム、塩化物といった電解質を過剰に排出してしまうことである。
   原因となる遺伝子は、劣性遺伝子で、この異常遺伝子は、バーター症候群を発症する人の両親それぞれから1つずつ受け継いでいる。
   この遺伝子異常が原因となり、腎臓がナトリウム、塩化物、カリウムの排出を過度に行ってしまうことになる。
   体内でのナトリウムと塩化物の減少は、軽い脱水症を引き起こし、多量のレニンとアルドステロンを産出することになる。
   アルドステロンの増加は、腎臓からのカリウムと酸の分泌量を増やすことになり、低カリウム血症と代謝性アルカローシスを起こすことになる。

   小児がバーター症候群を発症すると、発育の遅れや栄養不良を起こしている様に見えることがある。
   症状は、他に、筋力低下、異常なのどの渇き、多量の尿、精神発達の遅れといったことがある。
   ナトリウムと塩化物の喪失は、軽度ではあるが、慢性的な脱水状態を引き起こす。

   バーター症候群は、年少児の場合、体の観察と血液中のカリウム、ナトリウム、塩化物の濃度が低いことで診断を行うが、神経性過食症、自分で食べた物を吐く、利尿薬の乱用などの摂食障害でも同様の所見が見られる。 バーター症候群は、カリウムの補給、アルドステロンの働きを阻害する作用を持つスピロノラクトン、トリアムテレン、アミロライド、カプトプラノロール、インドミタシンなどの非ステロイド性抗炎症薬など尿のカリウム排出量を減らす働きのある薬を服用することで、症状を防ぐことができる。
   この他にも、過剰な水分喪失を補う為に十分な量の水分を摂取する必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド