リドル症候群の症状と治療


   リドル症候群は、腎臓が、カリウムを排出する働きと同時に多量のナトリウムと水分を保持するために起きる高血圧を起こすまれな遺伝性の病気である。

   リドル症候群では、病気を引き起こす要因となる遺伝子が優勢遺伝子であるためにリドル症候群を発症した人の子供の50%が病気を引き起こす異常遺伝子を受け継ぐことになる。
   しかし、リドル症候群は、病気を引き起こす異常遺伝子を持っているからといって必ず、病気の症状が現れるというわけではない。

   リドル症候群の症状は、小児期から始まる高血圧がよく見られる。
   リドル症候群は、ナトリウムの排出量を増やしカリウムの排出を減らす効果のあるトリアムテレンやアミロライドなどの薬を使用することで効果的に血圧を効果的に下げることができる。
   この治療を行うことで、その後の経過の見通しが良好なものとなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド