海綿腎の症状と治療


   海綿腎は、まれに起きる腎臓の尿細管が拡張する病気である。
   海綿腎は、胎児の発育過程で起きる非遺伝性の遺伝により起きるのが通常で、時に、遺伝子が異常であるために起きることもある。
   海綿腎は、ほとんどの場合で、なんの症状も起こさないが、腎臓結石による痛み、血尿、腎臓の感染症を起こす傾向があり、半数以上の人でカルシウムが腎臓に沈着する。

   海綿腎は、その特徴的な症状である腎臓でのカルシウムの沈着をX線検査で確認することができれば疑われる。
   診断の確定は、造影剤を静脈から注入してX線撮影を行う画像検査をする必要がある。

   海綿腎の場合、特に治療を行わなくても大半の人が回復することができる。
   しかし、カルシウムの沈着により結石ができた場合には、サイアザイド系利尿薬を服用し、水分を多量に摂取し、食事でのカルシウム量を抑える治療を行うことになる。
   この治療を行うことで、尿路が結石により塞がるのを防ぐことができる。尿路が閉塞してしまった場合には、手術が必要となる。
   感染症を生じている場合には、抗生物質を使用した治療を行うことになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド