尿路と尿路の閉塞について


   腎臓で尿が生産されてから尿が体外に排出される尿道までの通路のことを尿路という。
   この尿路は、時として尿路の間のどこかで、閉塞を起こすことがある。
   尿路で閉塞が起きると尿路の内圧が上昇してしまい、尿の流れが遅くなってしまう。

   尿路に起きる閉塞は、完全に閉塞してしまうこともあるが、尿路の一部で部分的な閉塞を起こす場合もある。
   また、尿路の閉塞は、突然起きる場合もあれば、数日から数ヶ月かけて徐々に起きる場合もある。

   尿路の閉塞は、腎臓の拡張を引き起こす。
   腎臓は、拡張することで腎臓に損傷を与えることになる。
   腎臓の損傷は、尿路の閉塞をすぐに取り除くことができれば、回復することができる。
   しかし、回復不能な損傷が起きることもある。
   尿路の閉塞により起きた損傷は、あまりにも損傷がひどいと腎不全のように腎機能を失われる場合もある。
   また、尿結石が生じることもある。
   時には、尿の流れが妨げられることで、尿路に入った細菌が外に流れ出ることができなくなり感染を起こす尿路感染を起こすこともある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド