尿路結石の症状と治療


   尿路結石とは、尿路に形成された硬い固形物である。
   尿路結石により、痛み、出血、尿流障害、感染などを引き起こすことになる。
   結石といっても腎臓結石、尿管結石、膀胱結石など出来る位置により呼ばれ方に違いがある。
   また、尿石症、結石症、腎石症など生じる過程によっても呼び方に違いがある。

   結石の大きさは、肉眼では、分からない程小さなものから直径が2.5㎝以上のものまで様々である。
   中には、腎孟全体と腎杯を塞ぐほどの大きさの結石もあり、この様な結石は、サンゴ状結石とも呼ばれている。

   結石が生じると結石の出来た部位より上流で溜まった尿に細菌が閉じ込められる場合があり、尿路感染を引き起こしたり、長期に渡り尿路が塞がれることで尿が、腎臓へと逆流し、腎臓が拡張し、損傷を受けることになる。

   結石でも小さいものも場合には、特に症状もないということもある。
   結石が膀胱にある場合には、下腹部に痛みを生じることもある。
   尿の流れる管である尿管や腎孟で結石が生じ、塞がれると、激しい痛みが間欠的に生じる腎疝痛や腰の痛みを生じる。
   腎疝痛は、わき腹や腰、下腹部に生じるが、時には、腹部から陰部、太ももの内側まで広がる。
   この他にも頻繁な尿意や吐き気、嘔吐、腹部膨張、悪寒、発熱、血尿といった症状が生じることもある。

   結石でも特に症状を引き起こさない小さなものに関しては、治療の必要がない。
   結石は、大量の水を飲むか、点滴により大量の水分を体に取り入れることで尿を増加させ、尿により押し出すことができる。
   結石が体内から排出してしまえば、特に治療の必要はない。

   直径が1㎝以上ある尿管の最上部にできた結石は、衝撃波を体外から結石に当てることで結石を粉砕することが可能である。
   また、皮膚を切開し、関しで結石を取り除く方法や砕石用の針により結石を砕くという方法もある。

   尿管下部にできている小さな結石の場合には、膀胱から尿道に尿管鏡を挿入して取り除くことになる。

   尿酸結石を取り除く為には、4~6ヶ月ほどかけてクエン酸カリウムを経口投与し、尿のアルカリ濃度を高める。
   この治療により、尿酸結石は、徐々に溶けていく。
   しかし、この治療法は、尿酸結石にのみ有効で、他の結石では、溶ける事はなく、結石が大きく、閉塞を起こしている場合には、外科手術を行って結石を取り除く必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド