感染症を頻発する高免疫グロブリンE症候群


   高免疫グロブリンE症候群(高IgE症候群/ヨブ症候群)は、遺伝性の免疫不全疾患である。
   IgE抗体の数値が非常に高い一方、他の抗体値は正常値を示す特徴を持ち、感染症を頻発する。 高免疫グロブリンE症候群の患者は、細菌を捕食して殺す食細胞である、好中球に異常がみられる。
   原因は不明である。
   皮膚、関節、肺などの器官が、ブドウ球菌に感染し、骨が弱くなり、骨折を繰り返すなどの症状がある。
   湿疹、鼻詰まり、喘息などの、アレルギーを持つ患者もいる。
   また、目鼻立ちに独特の特徴を持つ場合もある。

   ブドウ球菌の感染の場合は、トリメトプリム‐スルファメトキサゾールなどの抗生物質の投与が、継続的あるいは断続的に行われる。
   寿命は肺感染症の重症度により異なる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド