腫瘍について


  非癌性の腫瘍や癌性の腫瘍がまぶたにできることがある。
  少々、難しい字であるが、腫瘍はしゅようと読む。
  腫瘍には、良性の腫瘍と、悪性の腫瘍の2種類がある。

  良性腫瘍で最もよくみられるものは黄色板腫である。
  これは黄白色の平らな腫瘍で、脂質でできている。

  黄色板腫は外見の面で気にならない限り、切除する必要はないとされている。
  つまり、治療は必要がないのであろう。
  黄色板腫は血中コレステロール値の上昇のサインでもある。
  特に若い人の場合に、である。
  これができたときには採血して血中コレステロール値の検査を行う。
  扁平上皮細胞癌基底細胞癌は、ともにまぶたにできる悪性腫瘍である。
  まぶたにできた腫瘍が数週間たっても消えない場合は、生検が行われる。
  生検は、生体組織検査、あるいは、バイオプシーという。
  その方法は、組織標本を採取して、顕微鏡で観察する検査である。
  言葉にすると、簡単であるが、結構、難しい検査なのであろう。
  まぶたの悪性腫瘍に関しては、外科手術による治療が一般的である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド