腎臓や尿路に起きる損傷の原因


   腎臓やその他の尿路系器官に起きる損傷は、様々な原因による生じることになる。
   原因として挙げられものは、鈍器による打撲や圧迫による傷・事故、転落、銃創、刺し傷といった鋭い物が刺さった傷・外科手術・癌の放射線療法といったものになる。
   また、尿路で起きる損傷は、腹部臓器といったその他の器官の損傷を同時に起こすこともある。

   絶えることなく血液のろ過を行い老廃物を取り除き、尿路を通して体外へ排出している腎臓は、腎臓や尿路系器官が損傷を受けると腎不全を起こすことになる。
   また、出血、尿の尿路周辺組織への漏出、感染などを起こすこともある。
   迅速な診断と治療が、尿路系器官の永久的な損傷や死亡を避けることになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド