腎臓の損傷と治療


   尿路系器官の中でも特に腎臓は、損傷を負う事が多い。
   腎臓は、自動車の事故、転倒、スポーツ中などの鈍い力による損傷を負うことが多い。
   時には、銃で撃たれた傷や刺し傷といった鋭い力による損傷もある。
   また、腎臓結石で行う体外衝撃波結石破壊術や経皮的に行われる処置などの治療中に受ける損傷もある。

   腎臓に負った損傷は、治療を行わないままにしておくか重症である場合には、腎不全や高血圧、遅発性出血、感染といった合併症を引き起こす可能性がある。
   腎臓での損傷では、眼に見えるものから顕微鏡でしか見えないものまで、血尿があることでその可能性が高くなる。
   また、事故の経緯や本人の報告、診察を行うことが診断に役立つことになる。

   重症の腎損傷が起きて多量の出血が認められる場合には、低血圧や貧血を起こすことになる。
   わき腹の紫斑、シートベルトの跡、露骨下部の骨折、上腹部痛などの症状も腎損傷の疑いが考えられる。
   腎損傷の原因となるものが、鈍い力によるものの場合には、その多くが、軽症で血尿も顕微鏡でないと確認できない程度のことが多い。
   腎損傷の原因が鋭い力によるものの場合には、その傷を受けた場所から腎臓が損傷を受けているかどうかを判断することになる。

   腎損傷の場合には、迅速な治療を行うことでそのほとんどが回復をすることができる。
   治療としては、まず、失血を止める処置を行うことになり、血圧を正常範囲に維持する為の点滴も行い、尿の産生を促す。
   腎損傷も軽度の場合には、水分のコントロールをしっかり行い、ベットで安静にすることでほぼ完治することができる。
   しかし、損傷が重度の場合には、外科的な処置も必要となってくる。
   まれでは、あるが、損傷した腎臓を取り除く必要のあることもある。
   また、腎不全を起こすと治療は、一生に渡ることになる。
   他にも、高血圧、遅発性出血、感染症などの合併症を起こしている腎損傷では、治療が必要となってくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド