尿管の損傷と治療


  尿管の損傷は、骨盤内や腹部の手術である子宮や大腸の摘出手術などで起きるか尿管鏡を使用した尿管の検査で起きることがほとんどである。 体に対する直接の打撃などで尿管の損傷が起きることはほとんどないが、鈍い胴体が後ろに曲がってしまうような損傷を起こすと腎臓から尿管上部がちぎれてしまうこともある。
   また、銃に撃たれた傷刺し傷での尿管損傷が起きることもある。

   尿管損傷は、治療を行わずに放置すると持続的に尿が漏出し感染を起こしたり、他の腹部器官などへ通じる異常な通路である瘻がが形成し尿管が作狭窄することもある。
   尿管損傷では、腹部やわき腹の痛みのみ症状である場合や尿が傷口から漏出していることで患者は、気がつくこともある。
   また、持続的な尿の漏出をおこしている場合には、発熱もあり、血液が尿に混じることもある。
   しかし、すぐに尿管損傷だとわからないこともあり、医師の診察でも患者が最近手術を受けたか腹部を貫通するような外傷がある場合に疑いを持つようになる。

   尿管損傷の疑いがある場合には、静脈性尿路造影かCT検査を行う必要があるが、この様な検査を行ってもはっきりとした結果を得ることができない場合には、逆行性尿路造影を行う必要も出てくる。
   また、場合によっては、手術による損傷の確認が必要となることもある。

   尿管の損傷の治療には、手術が必要となってくる。
   この場合の手術は、損傷を受けている部位の修復を行う為のもので、軽度のものであれば、柔軟な管を尿管に直接挿入するかわき腹を小さく切り管を腎臓に通す経皮的腎瘻造設術での治療を行うことになる。
   手術後、2~6週間程は、尿路を尿が流れないように経路を変更し、その間に尿管の回復を行うことになる。

   尿管損傷を治療を行うことは、尿管損傷に伴って起きてくる合併症の予防にもつながる。
   それでも合併症を起こした場合には、それぞれの合併症に合わせた治療も必要となってくる。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド