膀胱の損傷と治療


   膀胱の損傷は、骨盤部の損傷、例えば、スピードの出し過ぎによる自動車事故や転落事故などに伴ってよく生じる。
   また、銃弾の穿痛損傷でも膀胱の損傷を生じることがある。
   他にも診断検査や外科手術を骨盤部や下腹部で行った場合に、偶発的に生じてしまうことがある。

   血尿や排尿困難は、膀胱損傷の症状によく見られる症状である。
   頻尿や尿が漏れだしてしまう尿失禁といった症状は、膀胱底で排尿のコントロールを行っている筋肉に損傷を受けた場合に現れる。
   また、外傷から感染を起こすと発熱や排尿に変化を生じることになる。

   膀胱の損傷を診断するのに最も適している検査は、造影剤を膀胱に注入してX線検査を行い、漏出位置を調べる膀胱造影の検査になる。

   膀胱の損傷は、治療をすることなく放置すると切迫した尿意や感染、尿失禁といった合併症を起こすことになる。
   膀胱の損傷は、軽度のもので挫傷か亀裂といった損傷であれば、尿道にカテーテルを5~10日間挿入し、その間に膀胱を回復させることになる。
   しかし、外傷により尿が腹腔へ漏れ出している場合には、損傷の程度を手術により確認し、その亀裂の全てを修復する必要がある。
   修復は、2本のカテーテルを使用することになる。
   1本のカテーテルは、尿道から膀胱に挿入する経尿道カテーテルで、もう1本のカテーテルは、下腹部の皮膚を通して膀胱に直接挿入する恥骨上カテーテルになる。
   この様に2本のカテーテルを使用し効率よく尿も排出することになる。
   カテーテルは、7~10日程使用するか膀胱が十分回復した後に取り除くことになる。
   膀胱の損傷でも、合併症を起こしている場合には、その治療も必要となる。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド