尿道の損傷の症状と治療


   一般的に尿道の損傷は、骨盤の骨折により起きる。
   男性の場合には、何かにまたがった際に生じることも多い。
   他にも、外科的な処置を尿道にほどこした場合や、膀胱カテーテル法や膀胱鏡検査といった器具を尿道に挿入して行う処置中に偶発的に生じることがある。
   また、ごくまれではあるが、自ら尿道に直接異物を挿入して起きる場合もある。

   尿道の損傷は、挫傷のみで済むものもあるが、尿道内部が引き裂かれ、陰茎、陰嚢、腹壁、会陰といった組織に尿が漏出してしまうこともある。

   尿道の損傷では、男性の場合であれば、陰茎先端、女性の場合では、外陰部での尿道開口部の血液の付着、尿に血液が混じる、排尿困難、といった症状がみられる。
   また、合併症を併発した場合には、その他の症状も現れてくる。
   尿道の損傷により尿が周辺の組織に漏出すると発熱といった症状が生じてくる。
   損傷は、時間が経つに従い、損傷部位やその周辺で尿道の狭窄を生じ、外科処置中に損傷が生じた場合には、尿が漏れ出してしまう尿失禁を生じることもある。
   男性の場合には、陰茎に通じている神経や血管の損傷により勃起能力が損なわれて勃起機能不全を起こすこともある。

   尿道損傷は、通常、造影剤を尿道に直接注入してX線撮影を行う逆行性尿道造影を行って診断を確定することになる。

   尿道損傷を治療することなく放置すると尿道狭窄、長引く感染、尿失禁、勃起機能不全といった合併症を生じることになる。
   尿道の損傷でも、挫傷程度に留まり、尿の漏出も特に起こしていない場合には、カテーテルを尿道から膀胱に挿入し尿の排出をカテーテルで行っている間に数日で自然に回復することができる。
   尿道の損傷でも亀裂がある場合には、尿路を変更する為に下腹部の皮膚から膀胱にカテーテルを直接入れる必要がある。
   外科的な修復を行う場合には、他の損傷を全て治した後か、最低でも8~12週間おいて炎症が治まるのをまってから行うことになる。

   尿道の損傷の治療は、その後の合併症の予防にも役立つが、予防を行っても合併症を起こしてしまった場合には、それに対する治療も必要となってくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド