尿道炎の症状と治療


   膀胱から尿を体外で排出する為の管である尿道に感染が起き、炎症を起こした状態を尿道炎という。
   尿道炎は、細菌や真菌、ウイルスにより生じ、女性では、一般的に、これらの微生物が膣から尿道に入ることで起きる。
   多くの場合、腸管下部の細菌が肛門を経て膣に入り生じることになる。
   男性は、女性と違い、尿道の開口部が肛門と離れており尿道炎を起こすことは、ごくまれである。

   尿道炎は、性交時に感染し起きることがある。
   淋菌やクラミジア、単純ヘルペスウイルスなどが、性交時に感染することが多い微生物である。
   淋菌は、男性の尿道炎の原因の多くを占めてる。
   女性が淋菌感染した場合には、多くが膣、子宮の頸部、体部、卵巣、卵管での感染となり、尿道での感染は少ない。

   尿道炎に女性がなると徐々に排尿時の痛みを生じるようになり、排尿時の痛みは、膣炎でも起きる。
   炎症を起こしている陰唇を酸性の尿が通ると焼けつく様な痛みを生じることになる。
   男性の場合には、尿道炎の最初の症状として尿道からの分泌物を生じる。
   この分泌物は、淋菌性であれば、黄緑色の膿、非淋菌性であれば透明な粘液となる。
   この他の症状としては、排尿時の痛みや我慢しきれない尿意を頻繁に感じるといったことがある。

   淋菌感染では、尿道で起きた感染の治療を中途半端にしておいたりすることで尿道の狭窄を生じ、感染症が膀胱炎や腎臓の腎孟腎炎にまで進行する可能性を高くする。
   また、淋菌感染の治療をせずにいると膿が尿道周囲に溜まり膿瘍に至ることもある。
   膿瘍が生じ、破れ皮膚に穴があくと、この穴を通路として尿が流れるようになる。

   尿道炎を引き起こす原因となる性感染症は、コンドームを使用することで予防することができる。
   尿道炎の治療は、その原因となっているものにより違いが生じる。
   細菌感染症の場合には、抗生物質を投与し、真菌感染症の場合には、抗真菌薬を使用することになる。
   単純ヘルペス感染症は、アシクロビルといった抗ウイルス薬が必要となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド