膀胱炎の症状と治療


   膀胱が感染によって炎症を起こした状態を膀胱炎と呼ぶ。
   膀胱炎は、女性に多く起きる病気であり、女性の中には、膀胱炎を繰り返し起こすという人もいる。
   女性は、尿道が短く、細菌のいる膣や肛門、尿道との距離が近いために膀胱炎を起こしやすいと考えられる。
   女性でも妊娠中の場合には、膀胱を空の状態にするのが難しく、膀胱炎を起こすことが多い。

   男性の場合には、女性ほど多くの人が膀胱炎にかかるわけではない。
   男性が膀胱炎になるのは、尿道で感染を起こし、その感染が前立腺から膀胱に広がり膀胱炎にいたる。
   男性の場合、前立腺の細菌感染が長期化や慢性化を起こすことで膀胱炎を繰り返し起こすおとが多くなる。
   抗生物質を使うことで、膀胱内に溜まっている細菌を除去することはできるが、前立腺内部まで十分に届くことができないので、前立腺内部の感染は、なかなか完治にいたることが難しい。
   しかし、この状態で薬物治療を中止すると細菌は、再び膀胱で感染することになる。

   膀胱炎では、頻繁な尿意を感じ、排尿時に焼けつく様な痛みを生じる。
   また、特に高齢者に多い症状として急な尿意に襲われて、尿を漏らすということもある。
   この他にも恥骨上部での痛み、腰の痛み、夜間の頻繁な排尿などがある。
   また、尿が濁るということもよくあり、時には、血尿が尿に混じることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド