尿管炎について


   腎臓と膀胱を結んでいる尿管の片方か両方で感染による炎症が起きている状態を尿管炎と呼ぶ。
   尿管炎を起こす原因として最も多いのが、腎臓や膀胱の感染が波及して起きる場合である。
   他の原因として尿管部に神経障害があり、尿の流れが遅くなることにもある。
   治療は、まず基礎となる腎臓や膀胱の感染を抗生物質による治療を行うことになる。
   また、尿管部に神経障害がある場合には、その部分を取り除く手術を必要とする。
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド